建設業許可の詳細について

どの業種で許可を取ればいいの?

クレーン2つの一式工事と、27の専門工事に分類されます。お客様のお仕事の内容がそのままダイレクトに当てはまる工事業ばかりとは限りませんので、どの業種で許可を取るのがベストなのか、お客様と一緒に考えます。

建築一式工事

電気工事

板金工事

電気通信工事

土木一式工事

管工事

ガラス工事

造園工事

大工工事

鋼構造物工事

塗装工事

タイル・レンガ
ブロック工事

左官工事

鉄筋工事

防水工事

さく井工事

とび・土工
コンクリート工事

ほ装工事

内装仕上げ工事

建具工事

石工事

しゅんせつ工事

機械器具設置工事

水道施設工事

屋根工事

熱絶縁工事

消防施設工事

清掃施設工事

解体工事

 

建築一式工事を取っておけば他の全部の工事がカバーできるのでは?

違います。

建築一式工事や土木一式工事は、原則として元請業者の立場で現場全体や下請業者を監督する業者さん向けの許可です。

一式工事の許可を受けたからといって他の専門工事を単独で請け負うことはできません。

例えば、建築一式工事の許可を受けた業者さんが、内装工事だけを請け負うときには、内装仕上げ工事の許可を受けておく必要があります。

 

型枠施工技能士の資格を持っていません、それでも大工工事の許可って取れるの?

大工取れます。建設関係では例えば「とび技能士」「左官技能士」「タイル張り技能士」「型枠施工技能士」「鉄筋施工技能士」「内装仕上げ施工技能士」などの国家資格があります。

こういった資格(検定試験)によってその職人さんの技術が確かであるということを国が証明してくれているわけですが、資格がなければ仕事をしてはいけないという性質のものではありません。

ですから、技能士の資格やその他民間の団体が独自に制定する資格を取得していないからといってその業種の許可を受けることができないというわけではありません。

でも、特定の資格を持っていると建設業許可を受けるために必要な実務経験が短縮されたり免除される場合があるので、施工管理技士や技能士等の資格の取得はおススメです。

※電気工事など、資格がなければしてはいけない工事もあります。こういった工事の許可を申請する場合、資格取得後の実務経験だけしか経験年数としてカウントされませんのでご注意ください。