建設業許可の取得について

特定建設業と一般建設業ってどうちがうの?

特定建設業許可とは、一言で言うと「元請さんのための許可」です。

少し詳しく書くと、発注者から直接請け負った工事について下請業者と計4,000万円以上(建築一式工事の場合は6,000万円以上)の下請契約を締結しようとする建設業者さんが取得する許可です。

一般建設業許可とは、特定建設業許可を受けようとする業者の方以外の方が取得する許可です。

ですので、下請工事しかしない業者さんや、元請ではあるが下請を使わない(使ったとしても下請に施工させる額の合計(税込)が4,000万円未満(建築一式工事の場合は6,000万円未満)の)業者さんは一般建設業許可を取得すればよいことになります。

許可に必要な財産的要件も異なります。自己資本の額でいうと一般建設業許可は500万円以上、特定建設業許可は4000万円以上(その他の要件もあり)必要となります。

許可は誰でも取れるの?

残念ながら、申請すれば誰でも許可を受けられるというわけではありません。許可の要件はいろいろありますが、まずは以下の3つの条件がクリアできているかどうかお確かめください。

5年以上の建設業の経営経験がある
10年以上(短縮できる場合もある)の実務経験がある。または何か資格を持っている
500万円以上のお金を持っている(または借入などで調達することができる)

許可を受ける条件について詳しく知りたい方はこちらからどうぞ

一人親方でも許可とれるの?

一人親方も事業主(経営経験者)です、経営経験の要件を満たせば許可を受ける資格はあります。

経営者であることを証明するために、確定申告書の控えや工事の内容がわかる請求書の控えは捨てずに残しておいてください。仕事に関係する書類関係は捨てずに全て残しておくようにしてください。